«前の日記(2010-08-13 (金)) 最新 次の日記(2010-08-15 (日))» 編集
にっき
Google
2003|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|10|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|

2010-08-14 (土) [長年日記]

_ Debian lennyでカーネルモードPPPoE

ネット上にある同種の記事は、Debianのバージョンが古いのかファイル名や設定方法等が違っていたりしたので、改めてここに書いておく。というか設定方法をコロコロ変えんでほしいわ。

カーネルモジュールを有効にする

Debian標準の2.6系カーネルならモジュールになってるはずなので、有効にするだけである。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/aliases
alias net-pf-24 pppoe

必要であれば再起動する。

pppdをインストールする

カーネルモードではpppoeパッケージは必要ない。

$ sudo apt-get install ppp

MTU・MRUを設定

フレッツの場合、1454に設定。

$ sudo vi /etc/ppp/options
mtu 1454
mru 1454

プロバイダの設定

$ sudo vi /etc/ppp/peers/provider
user "ユーザー名"
plugin rp-pppoe.so
eth0
usepeerdns
noauth
defaultroute

eth0のところは使うインターフェース名を設定する。

パスワードの設定

CHAPかPAPのどちらを使うかが分かっていれば、片方だけ設定すればよい。

$ sudo vi /etc/ppp/chap-secrets
"ユーザー名"     *       "パスワード"      *
$ sudo vi /etc/ppp/pap-secrets
"ユーザー名"     *       "パスワード"      *

接続テスト

ponで接続後、ifconfigでppp0が正常に動作していることを確認する。plogでログが表示されるので、正常に動作してない場合は参考にする。

$ sudo pon
$ sudo ifconfig

自動接続の設定

Debian起動時に自動的に接続するには、以下のように設定する。

$ sudo vi /etc/network/interfaces
auto ppp0
iface ppp0 inet ppp

«前の日記(2010-08-13 (金)) 最新 次の日記(2010-08-15 (日))» 編集