«前の日記(2011-12-30 (金)) 最新 次の日記(2012-01-01 (日))» 編集
にっき
Google
2003|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|10|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|

2011-12-31 (土) [長年日記]

_ 2011年を振り返って

とは言っても他の人みたいに何かをやったとかそういうリア充ぽい話は全く無いので、相変わらずオタ話なのだが、今年は久しぶりに声優に萌えることができた一年だった。きっかけはもちろんごらく部の4人なのだが、最後にはすみぺという大物に出会えることもできて大変充実していた。今年特に私が注目した6人を以下に紹介する。

原田ひとみ

通称ダチャン。Twitterにアップされる数々のエロい写真は眼福としか言い様がない。肝心のツイート自体はおっさんだったら留置場で年越してるレベルで、はっきり言って見ないほうが理想の彼女だけを見ていられる。あと今年から本格的に歌手活動を始めて、歌声を聞く機会が多くなったのも嬉しい。曲にはやや恵まれてない感じか。

三上枝織

通称みかしー。ゆるゆりではかわいそうな立ち位置だが、本人自体は非常に頼れる(頼られる)タイプ。彼女の仕草はいちいち可愛らしく、そして言動はいつも笑いを届けてくれる。声優や歌手としての実力はまだまだこれからだが、マルチに才能を発揮できるので、将来が楽しみな声優の一人である。

大久保瑠美

通称るみるみ。ちなつの影響からかすっかり腹黒キャラが定着してしまったが、実際はとても真面目で声優という仕事をとても愛している。ごらく部4人の中では実力は他を圧倒しており、もはや中堅レベルの仕事が可能なのはアコ役で証明済みである。次回の声優アワードで新人賞を取るのではないかと密かに思っている。

津田美波

通称つだ。黙ってそこにいるだけで絵になるような美人。女優でもここまで綺麗な人はそう居ない。それでいて猫耳つけて「マンゴーにゃん♪」とかやっちゃうんだから、俺を萌え殺す気か。声優としてはやや残念な感じではあるものの、ポケモンに役を持っておりしばらくは安泰か。もっと顔出しの仕事をすべき。

大坪由佳

通称ゆかちん。現役女子高生声優。この一年は若さと勢いだけで突っ走ってきた感じ。声優としてまだまだなのはもちろん、まだ営業スマイルもおぼつかない(だがそれがいい)。来年3月に高校を卒業してしまうので、JKという看板が外れてからどう売っていくのかは見もの。今は修行あるのみ。

上坂すみれ

通称すみぺ。彼女を形容する言葉はいくつも思いつくけど、どれも正確に表していない。一言で言うなら爆弾。まだパパ聞きの主役が決まってる以外の実績がほとんど無いド新人だが、彼女が今後声優界に与えるであろうインパクトを考えると、今から楽しみでならない。声優・歌手・タレント以外の仕事もぜひやってほしい逸材。

ちなみに私が声優にハマったのは、國府田マリ子とか椎名へきるとかの時代以来である。今は当時と比べてネットラジオが高度に発達しており、彼女たちの声(とくに演じてない時の声)を聞く機会が格段に多くなっている。Twitterで本人のつぶやきも見れるし、いい時代になったものだ。


«前の日記(2011-12-30 (金)) 最新 次の日記(2012-01-01 (日))» 編集