«前の日記(2011-10-25 (火)) 最新 次の日記(2011-10-27 (木))» 編集
にっき
Google
2003|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|10|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|

2011-10-26 (水) [長年日記]

_ 世界初の技術を搭載した、SCEの3Dディスプレイがスゴイ!

SimulViewとは、ふたりで同じゲームをプレイする際、1台のモニターにそれぞれ異なる映像をフルスクリーンで表示する機能。1台のモニターを使ってふたりで対戦や協力プレイをする場合、画面分割だったり、どちらか一方の視点などにならざるを得ないのが一般的だが、SimulViewに対応したゲームなら、プレイヤーA(チャンネル1)とプレイヤーB(チャンネル2)で異なる映像を表示させられるため、それぞれ自分の視点でプレイできるのだ。

これは凄い。発想がスゴい。言われてみれば技術的に不可能でないのは想像に難くないのだが、なかなかこういう発想はできない。これからは各社の3Dディスプレイやテレビが、3D以外の用途でも使えるようになっていくのかもしれない。3Dではテレビは売れないというのは十分にわかっただろうから、その技術を生かしてもっと面白い価値を創造するのが今後のテレビメーカーの生き残る道ではないかと思う。


«前の日記(2011-10-25 (火)) 最新 次の日記(2011-10-27 (木))» 編集